産経WEST

北新地“ホステス心得帖”は社会人の鑑か!? 「信頼には時間かかるが、怒らせるのは一瞬」「孤独に耐える強さないと、何かで失敗する」「酔った女は面白いが可愛気ない」 来店客らに反響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


北新地“ホステス心得帖”は社会人の鑑か!? 「信頼には時間かかるが、怒らせるのは一瞬」「孤独に耐える強さないと、何かで失敗する」「酔った女は面白いが可愛気ない」 来店客らに反響

 ホステス側にも好評を得ている。昨年11月に5代目「北新地クイーン」に選ばれた同店の結菜さん(25)は「なおざりになることもあり、初心を取り戻せる」と訴える。

■「週に1~2回は禁酒、体は大切にしよう」

 思わぬ余波もある。

 《概して、同僚との付き合いは、充分に知り合う迄(まで)は深入りしない方が良い。何もかも開けっ広げていると、困ることができてくる》

 《週に1~2回は禁酒、もしくは節酒日を決めて、体を大切にしよう。(中略)20代の不摂生は40代になって、てき面に現れる》

 冊子にはホステスの世界だけではなく会社員らにも通じる心得も多い。

 このため、来店した会社役員が「基本的なことが、これだけ凝縮されているものは見たことがない」と社員教育用に持ち帰ることも少なくないという。

 冊子は、もともとは昭和55年に当時の理事長が作成した。一昨年に協会内の会報で再び掲載したところ、好評を得て、冊子も再発行することになった。

■「求められること、30年前と変わらぬ」

 再発行にあたっては、言葉を現代風に置き換えたほか、着物やバッグに入れて携帯しやすいようにポケットサイズに。表紙のデザインも藤色に梅の花をあしらうなど凝ったものにした。

 昨年11月に発行され、3千部が加盟約430店に配られたが、内外で反響を呼び、すでに“完売”。さらに3千部を増刷中だ。北新地社交料飲協会の東司丘興一理事長(63)は「求められることは、30年ほど前と今も変わらない」と話している。

このニュースの写真

  • 北新地“ホステス心得帖”は社会人の鑑か!? 「信頼には時間かかるが、怒らせるのは一瞬」「孤独に耐える強さないと、何かで失敗する」「酔った女は面白いが可愛気ない」 来店客らに反響
  • 北新地“ホステス心得帖”は社会人の鑑か!? 「信頼には時間かかるが、怒らせるのは一瞬」「孤独に耐える強さないと、何かで失敗する」「酔った女は面白いが可愛気ない」 来店客らに反響
  • 北新地“ホステス心得帖”は社会人の鑑か!? 「信頼には時間かかるが、怒らせるのは一瞬」「孤独に耐える強さないと、何かで失敗する」「酔った女は面白いが可愛気ない」 来店客らに反響

「産経WEST」のランキング