産経WEST

事務いすレース「いす-1GP」 台湾進出 「ふるさとキラリ賞」も受賞 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


事務いすレース「いす-1GP」 台湾進出 「ふるさとキラリ賞」も受賞 京都

京田辺市のキララ商店街で開催された昨年のいす-1GP第6回大会(日本事務いすレース協会提供) 京田辺市のキララ商店街で開催された昨年のいす-1GP第6回大会(日本事務いすレース協会提供)

 日本各地で開催されるユニークなイベントのうち、特に優れたものを表彰する「第20回ふるさとイベント大賞」(地域活性化センター主催)で、京田辺市のキララ商店街が開催している「いす-1GP(グランプリ)」が同大賞選考委員会表彰の「ふるさとキラリ賞」に選ばれた。表彰式は3月2日。4月には台湾で初の海外開催も予定されている。

 いす-1GPは、3人一組のチームがキャスター付きの事務いすを使って足で漕ぎ、商店街内に設けたコースを2時間でどれだけ走行したかを競う耐久レース。平成22年3月に第1回大会を開催し、今年3月で7回目を迎える。現在では国内各地に同様の大会が広がっている。

 同商店街事業協同組合理事長の田原剛さん(46)は「子供たちに自慢のできるイベントとして始めたので、非常にうれしい。開催各地のみなさんとともに受賞したと思っているので喜びを分かち合いたい」と話している。

「産経WEST」のランキング