産経WEST

【私の時間 シネマ】“ドS”でセクシーに…中島健人「黒崎くんの言いなりになんてならない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【私の時間 シネマ】
“ドS”でセクシーに…中島健人「黒崎くんの言いなりになんてならない」

女子高生の赤羽由宇(小松菜奈、(右))は女生徒に人気の「白王子」こと白河タクミ(千葉雄大、(左))にも好かれ…=c「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会 女子高生の赤羽由宇(小松菜奈、(右))は女生徒に人気の「白王子」こと白河タクミ(千葉雄大、(左))にも好かれ…=c「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会

 正統派の二枚目で聡明(そうめい)、かつサービス精神旺盛。完璧な「白王子」だ。アイドルグループ「Sexy Zone」のメンバー。「僕は普段、王子様と言われることが多いので。この役はうれしかった。イメージを変える意味でもチャンス」

 3度目となる主演映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」(月川翔監督)は同名少女漫画を映画化。「黒悪魔」と呼ばれる黒崎(中島健人)と女子高生の由宇(小松菜奈)、「白王子」こと白河(千葉雄大)の恋愛模様を描く。

 “ドS”でセクシーにヒロインに迫る。風呂場での“サービスショット”で筋トレで鍛えた見事な肉体の披露も。「一歩間違うと、暴力に見えてしまう。その案配を注意し、“美しいドS”を心掛けました」

 意外に、共通項が多かった。「一番は嫉妬。小学校時代、好きだった女の子が他の男の子にチョコをあげたという噂話を聞いただけで、猛烈に悔しかった」。後に同じクラスになり、話すきっかけをつくるため、わざと掃除をしなかったことも。「だからすごく黒崎の気持ちが分かって」

 強気な発言はするが好きと言えないのも共通点。ただ、「僕は成就したら“好き好き”とマシンガンのように言える」。今作の現実離れしたせりふも抵抗なくスラスラ言えたという。

「産経WEST」のランキング