産経WEST

【プロ野球】中日の若松、初戦のマウンドで結果出せず オープン戦2回6失点

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
中日の若松、初戦のマウンドで結果出せず オープン戦2回6失点

【中日ーロッテ】1回、ロッテ、ヤマイコ・ナバーロ(右)に2ランHRを打たれた中日先発の若松駿太(左)=沖縄県北谷町の北谷公園野球場(撮影・森本幸一) 【中日ーロッテ】1回、ロッテ、ヤマイコ・ナバーロ(右)に2ランHRを打たれた中日先発の若松駿太(左)=沖縄県北谷町の北谷公園野球場(撮影・森本幸一)

 オープン戦とはいえ、初戦のマウンドを託され、結果を求めていた。だが、中日の若松は3本塁打を許して、2回6失点。「チームにとってうまくスタートを切れたら良かったが、こういう結果になって申し訳ない」と力なく話した。

 立ち上がりから球が高い。一回、ナバーロに浮いたチェンジアップを場外に運ばれた。流れを断ち切れずに連打で失点を重ね、二回には2発を浴びた。

 ハイペースで投げ込んできただけに、疲労はピーク。下半身の粘りを欠いた。昨季10勝の右腕に求められるものは大きく、谷繁監督は「疲れても抑えるすべが分かるはず。いいところが全くなかった」と厳しい評価を下した。

 新たに取り組むシンカーも試したが、若松は「収穫はない。課題しか出なかった」。投手陣の中心となる立場なだけに、周囲から信頼される投球を見せたい。

「産経WEST」のランキング