産経WEST

【加古川女性殺害】礒野容疑者「殺害後に100万円を取った」…凶器のハンマーも事前に用意 計画的犯行の可能性強まる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【加古川女性殺害】
礒野容疑者「殺害後に100万円を取った」…凶器のハンマーも事前に用意 計画的犯行の可能性強まる

送検のため兵庫県警加古川署を出る礒野和晃容疑者=19日午前8時45分、兵庫県加古川市(沢野貴信撮影) 送検のため兵庫県警加古川署を出る礒野和晃容疑者=19日午前8時45分、兵庫県加古川市(沢野貴信撮影)

 兵庫県加古川市で昨年12月、大阪府吹田市のアルバイト店員、大山真白さん(20)が殺害され、遺体で見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された加古川市のアルバイト、礒野和晃容疑者(21)が兵庫県警加古川署捜査本部の調べに、「大山さんをハンマーで殴って殺害した後、大山さんのバッグの中から現金100万円を取った」という趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 礒野容疑者は「あらかじめ用意したハンマーで大山さんの頭を殴った」とも供述。現金を奪うため計画的に大山さんを襲った可能性が浮上しており、捜査本部は礒野容疑者の犯行動機をさらに追及する。

 大山さんは昨年11月末~12月6日、数回に分けて口座から現金計約100万円を出金。12月6日に吹田市から加古川市へ向かったが、これは礒野容疑者に呼び出されたためだった可能性がある。

 礒野容疑者は同7日未明、加古川市の加古川河川敷付近で大山さんを殺害したとされ、この後、バッグから現金を取り出した疑いがある。礒野容疑者は「バイクが欲しかった」とも供述。事件後、バイクを購入して改造を依頼しており、調べに「改造費に数十万円を使った」とも説明していた。

「産経WEST」のランキング