産経WEST

宿泊客も増加「さかい利晶の杜」半年間で経済波及効果14億円 堺市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宿泊客も増加「さかい利晶の杜」半年間で経済波及効果14億円 堺市

経済波及効果が公表された「さかい利晶の杜」=堺市堺区 経済波及効果が公表された「さかい利晶の杜」=堺市堺区

 堺が生んだ千利休と与謝野晶子を顕彰する堺市堺区の「さかい利晶(りしょう)の杜」の開館から約半年間の経済波及効果について、堺都市政策研究所が、約14億3800万円だったとする推計値を公表した。同研究所は阪神タイガースの優勝による経済波及効果分析で有名な宮本勝浩氏が理事長を務めている。

 さかい利晶の杜は昨年3月20日にオープン。7月14日に、年間目標だった20万人の入場を達成した。経済波及効果の推計は、9月末までの入場者約29万人を対象に実施。アンケートなどをもとに分析した。

 経済波及効果は、入場者1人あたりで約4900円。これまで堺市の観光客は日帰りがほとんどだったが、アンケートでは宿泊が増えていたという。経済波及効果のうち、飲食や買い物などの直接効果と1次波及効果は約12億2800万円、関連産業への影響である2次波及効果は約2億1000万円だった。

 館内には、茶道三千家のお点前で抹茶や和菓子が味わえる立礼呈茶(りゅうれいていちゃ)や、茶道三千家の指導による茶室お点前体験、与謝野晶子の作品世界を楽しめる与謝野晶子記念館などがある。

「産経WEST」のランキング