産経WEST

学校給食でジビエ料理 和歌山・古座川町、ハンバーガーに児童ら歓声

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


学校給食でジビエ料理 和歌山・古座川町、ハンバーガーに児童ら歓声

町産のシカ肉を使用したジビエバーガーにかぶりつく児童ら=和歌山・古座川町 町産のシカ肉を使用したジビエバーガーにかぶりつく児童ら=和歌山・古座川町

 和歌山県古座川町内の4つの小中学校の給食で、町産のシカやイノシシの肉を使用した「ジビエ」料理を提供する取り組みが始まっている。3月まではシカ肉を使用した「ジビエバーガー」を毎月1回提供。町教委担当者は「食を通して子供たちに町の良さを知ってもらえれば」と話した。

 町教委によると、同町月野瀬の鳥獣食肉処理加工施設が昨年5月に稼働したことをきっかけにジビエを取り入れた給食を企画。小中学校の給食担当の調理師らを対象に講習会を開き、調理方法や食材などについて話し合った。

 1月から始まり、2回目となった今月中旬、町立三(み)尾(と)川(がわ)小では児童ら13人が「ジビエバーガー」を堪能。6年の大西ひなたさん(12)は「シカ肉を食べたのは初めて。まさか給食でこんなにおいしいハンバーガーが食べられるなんて」と笑顔で話した。

 浜地久夫校長は「地元の食材を食べることで、古座川のことを好きになって、成長してくれれば」。同町では、4月以降もジビエ給食を続ける予定という。

「産経WEST」のランキング