産経WEST

菊水化学常務、日本ペイントの営業秘密を複数漏えいか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


菊水化学常務、日本ペイントの営業秘密を複数漏えいか

 元勤務先の営業秘密を漏えいさせたとして、不正競争防止法違反の疑いで菊水化学工業常務、橘佳樹容疑者(62)が愛知県警に逮捕された事件で、菊水化学が商品化した塗料以外でも、橘容疑者が複数の製品の設計書を持ち出した可能性があることが17日、県警への取材で分かった。

 県警は昨年8月から、橘容疑者の自宅や菊水化学を家宅捜索。橘容疑者が以前勤めていた塗料製造大手、日本ペイントホールディングス(HD)の製品の設計書を複数押収した。いずれの設計書も、橘容疑者が流出させた疑いがあるとみて調べている。

 県警によると、菊水化学は日本ペイントHDの塗料「水性ケンエース」の設計書を基に塗料を製造し、水性ケンエースより安い価格で販売。平成25年7月~27年11月に約4億円を売り上げた。他の設計書の商品化は確認されていない。

 逮捕容疑は、日本ペイントHDの子会社に勤務していた25年1月ごろ、複製した水性ケンエースの設計書をUSBメモリーに記録して持ち出し、同4月ごろ、不正に利益を得る目的で菊水化学側に伝えた疑い。橘容疑者は同4月、菊水化学に移って、顧問を経て現職に就いていた。

「産経WEST」のランキング