産経WEST

塗料設計書を持ち出し容疑 菊水化学工業常務を逮捕 愛知県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


塗料設計書を持ち出し容疑 菊水化学工業常務を逮捕 愛知県警

 勤務していた日本ペイントホールディングス(HD)の主力商品に関する営業秘密を持ち出したとして、愛知県警は16日、不正競争防止法違反の疑いで、東証2部の菊水化学工業(名古屋市)常務、橘佳樹容疑者(62)=名古屋市瑞穂区=を逮捕した。

 逮捕容疑は平成25年1月ごろ、日本ペイントHDの塗料「水性ケンエース」の設計書を複製して持ち出し、同4月ごろ、菊水化学工業側に伝えた疑い。

 県警によると、菊水化学工業は設計書を基に塗料を製品化。25年7月~27年11月に約7万3千個を販売し、約4億円を売り上げた。

 日本ペイントHD総務部広報グループは「捜査中なのでコメントを差し控えたい」としている。菊水化学工業は「担当者が不在で対応できない」とした。 信用調査会社によると、菊水化学工業は昭和51年設立。建築用塗料やセメントなどを手掛け、27年3月期決算の売り上げは約200億円だった。

「産経WEST」のランキング