産経WEST

【関西の議論】あくせく働かない“山奥ニート”増殖中…新しいライフスタイル?自由気ままに暮らしたい

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
あくせく働かない“山奥ニート”増殖中…新しいライフスタイル?自由気ままに暮らしたい

畑を耕す石井さん(左)。“山奥ニート”たちは住民らの仕事を手伝いながら自由気ままに暮らしている=田辺市 畑を耕す石井さん(左)。“山奥ニート”たちは住民らの仕事を手伝いながら自由気ままに暮らしている=田辺市

 石井さんはブログで、田舎暮らしについて発信している。近所の猟師にもらった鹿を解体して食べたり、畑で食物を耕したりする様子をつづり、祭りやその準備など地域住民との交流を紹介している。

 他の仲間も、ライブ配信サービス「ニコニコ生放送」で自身の暮らしについて紹介。「どんな生活をしているのか知りたい」と、この放送を見て訪れてくる人も多いという。

実家みたいになれば

 田舎暮らしを夢見る若者は年々増加している。「子育てを都会ではしたくない」「自分らしく使える時間がほしい」「あくせくと働きたくない」。理由はさまざまで、他の地域でも田舎でニート生活を送る若者が現れてきているという。

 同県紀美野町で「定住を支援する会」副理事長などを務める北裕子さんは「情報があふれている都会に比べて、田舎では自分で必要な情報を取捨選択できる。若者にこそ田舎で暮らしてもらいたい」と話す。

 ただ〝山奥ニート〟に対しては、学校に行かず働きもしない本来の意味でのニートや引きこもりを脱し、無理せず自分に合った生活をするという面から肯定的にとらえる見方がある一方で、“その日暮らし”のライフスタイルを懸念する声もある。

このニュースの写真

  • あくせく働かない“山奥ニート”増殖中…新しいライフスタイル?自由気ままに暮らしたい
  • あくせく働かない“山奥ニート”増殖中…新しいライフスタイル?自由気ままに暮らしたい

「産経WEST」のランキング