産経WEST

【不倫・宮崎議員辞職表明】「公募だから…」「政治姿勢にも問題」身内の自民京都府連会長お怒り…将来復活?「そんな資格なし」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【不倫・宮崎議員辞職表明】
「公募だから…」「政治姿勢にも問題」身内の自民京都府連会長お怒り…将来復活?「そんな資格なし」

無言のまま自民党京都府連の建物に入る宮崎謙介議員=12日午後6時50分、京都市中京区 無言のまま自民党京都府連の建物に入る宮崎謙介議員=12日午後6時50分、京都市中京区

 自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=が不倫騒動を認め、辞職願を提出した12日、所属する自民党京都府連会長の西田昌司参院議員は京都市中京区の府連本部で会見を行い、「有権者にご迷惑をかけ申し訳ない」と陳謝した。西田氏は、今回の問題について宮崎氏から報告や相談がなく、同日の辞任会見後に初めて説明を受けたとし「憤りの気持ちはある」と言及。「まずは京都で支援者やわれわれと意見交換してから決めるべきだった」と批判した。

■傲慢さが反発招いた

 会見で西田氏は今回の問題について、「党の公認候補として出した人物。国民や府民におわびを申し上げる」と陳謝したものの「根本的には彼個人のプライバシーだが、大きく報道されることになった原因は育休問題について間違ったアプローチの仕方をしていたから。そのことに対する謙虚さのなさ、傲慢さが反発をまねいた」と分析した。

 「本人から一切連絡も報告もないので驚いていた」という西田氏。この日、宮崎氏が会見を終えた後、午後2時過ぎに宮崎から事情の説明を受けたという。

 議員辞職すれば、補選が行われることになり、地元府連としては公認の擁立など検討することも多いが、地元の府連トップに連絡もなく、辞職を決めたことに、西田氏はカンカン。

 宮崎氏を支えてきた京都3区の地方議員にも説明する必要があり、この日は京都3区の地方議員を召集。宮崎氏も急きょ京都に戻り、説明をさせることにしたという。

このニュースの写真

  • 「公募だから…」「政治姿勢にも問題」身内の自民京都府連会長お怒り…将来復活?「そんな資格なし」

「産経WEST」のランキング