産経WEST

【映画作家・河瀬直美の好日便り】新宿のど真ん中、布振って踊っても誰も振り向かず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【映画作家・河瀬直美の好日便り】
新宿のど真ん中、布振って踊っても誰も振り向かず

新作となる短編映画の1シーン(本人提供) 新作となる短編映画の1シーン(本人提供)

 そうして、世界や社会という漠然とした単位の中に紛れてしまっているもの、そんなものを切り撮りたいと思いながら撮影をした。この作品は2月に米ニューヨークでお披露目をした後、世界を旅することになる。最近、奈良と東京を行き来しながら感じる“想い”を詰め込んだつもりだ。そういった感覚が世界の人々の目に、どのように映るのか興味もある。

 新しい年があけて、今年は「なら国際映画祭」が4回目の開催を迎える年でもある。世界各国の若手監督による長編映画のコンペにはすでに100本近くのエントリーがあり、いよいよ8本に厳選する作業も開始される。奈良から世界へ。ここから先へ。移りゆく時代と流れゆく時間の中で、大切なものを守り、受け継ぐ作業を全うすべく過ごす日々である。

「産経WEST」のランキング