産経WEST

【ビジネスの裏側】モンハン“クロス”が大ヒット…カプコン開発リーダーに聞く新たな戦略、ビジネスモデル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
モンハン“クロス”が大ヒット…カプコン開発リーダーに聞く新たな戦略、ビジネスモデル

「モンスターハンタークロス」について語るカプコンの辻本良三第三開発部長(右)と小嶋慎太郎プロデューサー=大阪市中央区(前川純一郎撮影) 「モンスターハンタークロス」について語るカプコンの辻本良三第三開発部長(右)と小嶋慎太郎プロデューサー=大阪市中央区(前川純一郎撮影)

 任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けにカプコンが昨年11月に発売したソフト「モンスターハンタークロス」が、記録的なヒットを飛ばしている。平成16年発売の第1作から続くシリーズで登場してきた武器や新しい技、狩猟スタイル、新旧のキャラクターなどを組み合わせた「クロス」の妙が人気の秘密だ。カプコンはスマートフォン版との相乗効果でさらなるファン拡大を狙う。(牛島要平)

 1カ月で年間トップ

 「これだけヒットするソフトは珍しい。年に1本出るか出ないか」。ゲーム雑誌を発行する「ファミ通」の担当者は、そう語る。

 ファミ通によると、昨年の年間ソフト販売本数はモンハンクロスが発売約1カ月にもかかわらず約244万本で、2位で同じく3DS向けの「妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊」(昨年7月発売、約197万本)以下を引き離した。

 26年10月に発売された前作の「モンスターハンター4G」は発売1カ月で約217万本を売り上げた。カプコンは12月24日、モンハンクロスの出荷本数が300万本を突破したと発表しており、当初掲げた目標の年間250万本を早くも超えたことになる。

 モンスターハンターは、ユーザーが「ハンター」になり、自然の中でさまざまな怪物(モンスター)を狩るアクションゲーム。多彩な武器を駆使してモンスターに挑み、高精細な映像や、複数のプレーヤーで遊べる点などが特徴だ。

 16年3月にソニー・コンピュータエンタテインメントの据え置き型ゲーム機「プレイステーション2」向けに第1作が発売されて以降、口コミでじわじわと話題を呼び、同社の携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」向けなどで人気に火が付いた。

 奥深さ

 シリーズ累計約3600万本を売り上げ、カプコンを支える有力タイトルの一つになっている。

このニュースの写真

  • モンハン“クロス”が大ヒット…カプコン開発リーダーに聞く新たな戦略、ビジネスモデル

「産経WEST」のランキング