産経WEST

【衝撃事件の核心】ベッキーだけじゃない! 日常食らい尽くす不倫の破壊力 過ちは同窓会…どこにでもある不貞行為の恐るべき顛末

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
ベッキーだけじゃない! 日常食らい尽くす不倫の破壊力 過ちは同窓会…どこにでもある不貞行為の恐るべき顛末

古今東西どこにでもある男女の不貞行為。人気タレントとミュージシャンの不倫が世間の話題をさらったが、代償の大きさは一般人も変わらない。家庭崩壊、離婚、社会的信用の損失、そして訴訟…。不倫は露見すれば、日常が根こそぎ奪い去られるリスクがある 古今東西どこにでもある男女の不貞行為。人気タレントとミュージシャンの不倫が世間の話題をさらったが、代償の大きさは一般人も変わらない。家庭崩壊、離婚、社会的信用の損失、そして訴訟…。不倫は露見すれば、日常が根こそぎ奪い去られるリスクがある

 夫は男性に不倫が発覚したことを告げた上で、3者での面会を求めた。

 翌日、ファミリーレストランが修羅場と化した。男性はひざまずき、「許してください。誠心誠意償います。私を殴ってください!」と謝罪したという。

 夫は男性の前に書類を差し出した。「慰謝料」と書かれた部分は、金額欄が空白になっていた。

 「金額を自分で書いて、署名なつ印してください」

 男性は驚いてこれを拒否したが、代わりに自筆で謝罪文を書いて男性に渡した。

 夫はさらに、男性の妻にも不倫の事実を告白するよう要求。男性はこの指示に従い、帰宅後、妻子に不倫を打ち明けた。

勤務先に怒りのメール

 それでもまだ、夫の怒りは収まらなかった。夫は数日後、男性を同じファミレスに呼び出し、慰謝料400万円の支払いを求めた。

 だが、いよいよ追い詰められた男性はパニックになり、店内で泣きわめいたり、コップで自分の頭をたたいたり奇行に出たという。

 そのため話し合いは途中で終わったが、男性は思い詰めた揚げ句、なぜか午前0時に勤務先の社長宅を訪問。泣きじゃくる男性の頬を社長は3、4発平手打ちし、「気をしっかり持て」と叱責したという。

 詳しい経緯は不明だが、まもなく男性は夫に「社長から金を借りて慰謝料を支払えるかもしれない」と連絡。ところがこの後、男性と連絡が取れなくなったことから夫は激高し、男性の勤務先にメールを送りつけた。

 「御社の○○氏(男性の名前)による、私の配偶者に対するセクハラ事件が発覚しました」

 男性が会社でどのような立場に置かれたかは想像に難くない。このころ男性は精神科のある病院を受診し「心因反応」と診断された。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング