産経WEST

明治維新から150年の大河ドラマは「由利公正」で! 誘致目指す福井県、NHKにツイッター投稿呼びかけも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


明治維新から150年の大河ドラマは「由利公正」で! 誘致目指す福井県、NHKにツイッター投稿呼びかけも

福井県内の金融機関に掲示されている由利公正のポスター 福井県内の金融機関に掲示されている由利公正のポスター

 明治維新から150年となる平成30年に向けて、幕末・明治期に活躍した福井藩士、由利公正(三岡八郎)を主人公にしたNHK大河ドラマの誘致に取り組む福井県は「2、3月は実現に向けた追い込みに入る時期」とし、県民を巻き込んでの誘致盛り上げに全力をあげて、NHKへのアピールを本格化させる。ドラマの制作発表は近年、放送年の2年前に行われ、早いときには5月に発表。誘致活動は正念場を迎えている。

 制作発表時期は 

大河ドラマは22年以降、29年の「おんな城主 直虎」まで8本放送(放送予定含む)。制作発表時期はいずれも放送年の2年前。発表時期が最も早かったのは5月で今年放送中の「真田丸」だ。次いで6月が「江~姫たちの戦国」など3本、8月が2本、10月、12月が各1本となっている。幕末と戦国時代を舞台にしたものが多く、今年と来年は戦国時代が舞台になっているため「30年は幕末になる」(県ブランド営業課)と期待している。

 積極的に資料提供

 評価されるのは地元の熱意と盛り上がりだ。今月9日午後10時(再放送16日正午)からのNHKEテレの歴史番組「先人たちの底力 知恵泉」で「みんなの心をつかむ突破力~経済の達人・由利公正」をテーマに由利の知恵を探る内容が放送される。NHK福井放送局が企画し、県は積極的に資料を提供した。

「産経WEST」のランキング