産経WEST

市内全域で小中学生の「見守りサービス実証実験」実施へ 大阪・箕面

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


市内全域で小中学生の「見守りサービス実証実験」実施へ 大阪・箕面

4月から箕面市の全市立小中学校生に配布される「otta」の小型発信器 4月から箕面市の全市立小中学校生に配布される「otta」の小型発信器

 大阪府箕面市は4日、防犯サービス会社と協定を結び、近距離無線通信「Bluetooth」を活用して子供の居場所などが確認できる「見守りサービス実証実験」を共同で行うと発表した。市内の全小中学生約1万1千人を対象に、市全域を網羅する予定で、こうした試みは全国初。

 このシステムは、ペンダントサイズの小型発信器(防犯ブザー付き)を持った子供が、検知ポイントや「見守りアプリ」の入ったスマートフォンの近くを通ると、その位置情報がサーバーに通知され、学校や市教委、希望する家庭で確認できるようになっている。

 システムを開発した「otta」(広島市)が、全市立小中学校や公共施設など約500カ所に検知ポイントを設置し、市は同社から無償提供された小型発信器を4月以降、全小中学生に配布する。登下校時のスムーズな検知機能の確認やアプリの普及方法などを1年間かけて共同で検証する。

 市の担当者は「子供の安心、安全だけでなく、高齢者への活用も視野に入れて取り組みたい」と話している。

「産経WEST」のランキング