産経WEST

シャープ、鴻海に優先交渉権 「外資傘下」強まる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、鴻海に優先交渉権 「外資傘下」強まる

シャープ本社ビル(右)=大阪市阿倍野区(本社ヘリから) シャープ本社ビル(右)=大阪市阿倍野区(本社ヘリから)

 経営再建中のシャープは4日の取締役会で、6千億円規模の拠出を提案していた台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に優先交渉権を与えることを決めた。官民ファンド、産業革新機構が3千億円規模を出資する再建策を受け入れる方向だったが、事業売却や人員削減を否定して現在のシャープを温存する鴻海案を評価した。今後、機構とも協議を続けるが、国内大手家電のシャープが外資の傘下に入る方向が強まった。

 鴻海は、シャープ本体への出資や事業拡充に必要な成長資金として6千億円超を拠出することを提示していた。1月末、大阪市阿倍野区のシャープ本社を訪れた郭台銘会長はシャープ経営陣に直接説明。現経営陣を続投させ、事業売却はせずに「シャープ」ブランドを温存し、雇用も守る考えを示していた。

 シャープの再建をめぐっては、液晶分野での先端技術の海外流出を懸念する政府の意向や支援の実現性を踏まえ、官民ファンド、産業革新機構による再建案を受諾する方向で調整していた。

 ただ、主力の液晶事業を分社化して機構傘下の中小型液晶大手ジャパンディスプレイと統合し「日本連合」の形成を目指すほか、冷蔵庫や洗濯機など白物家電も東芝の同事業と再編を検討する機構案には、シャープの解体につながると懸念が強かった。

「産経WEST」のランキング