PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「大人になろう」親友の助言効く メディアと対立…西宮市長変えた田中角栄の「金言」

 「新聞記者は政治家を悪く書くのが商売。政治家は悪く書かれるのが商売」

 市議はこの言葉とともに、田中元首相が自身のことを悪く書く記者にも、他の記者と同じように接したため人気があったことを書き添えて返信した。

 その直後、今村市長から「いろいろとありがとうございます」とお礼のメールが返ってきたという。

 1月22日の会見の様子を聞いた市議は態度の変化に目を細め、こうエールを送った。

 「市長になって理想と現実の差や重責に苦しんだのだろう。突っ張らずに人間味を表に出して愛される市長になってほしい」

 「金権政治」と指弾される一方、尋常高等小学校卒ながら首相にまで上り詰めて列島改造論を打ち出し、日中国交回復を成し遂げた田中元首相。義理、人情に厚く、人間味にあふれた人柄でも知られた不世出の政治リーダーの金言は、今村市長の内面に何らかの〝化学変化〟を起こしたのだろうか。

 この市議は「今後の成長を見守りたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ