産経WEST

【大阪国際女子マラソン】優勝の福士、褒賞金500万円に「ラッキー! こんな賞があるとは思ってなかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
優勝の福士、褒賞金500万円に「ラッキー! こんな賞があるとは思ってなかった」

優勝から一夜明け、日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長(左)から実業団選手マラソン日本記録挑戦奨励賞を受け取る福士加代子選手=1日午前、大阪市中央区(前川純一郎撮影) 優勝から一夜明け、日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長(左)から実業団選手マラソン日本記録挑戦奨励賞を受け取る福士加代子選手=1日午前、大阪市中央区(前川純一郎撮影)

 1月31日の「大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、日東電工協賛)で2時間22分17秒の好タイムをマークして優勝した福士加代子(33)=ワコール=が1日、選手村のあるホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)で会見し、「長かったけど結果が出て良かった。結果良ければすべてよし」と喜びを語った。

 昨夜は興奮もあって、あまり寝られず、「アドレナリンがバンバン出ているからかな」と苦笑い。リオデジャネイロ五輪出場は確実だが、正式には3月の名古屋ウィメンズ終了後に決定する。「この次のレースはリオかな。3月の報告を待ちたい」と話した。

 日本実業団陸上競技連合が昨年7月に開始した「日本記録挑戦奨励制度」により、22分台をマークした福士に褒賞金500万円が贈呈された。「こんな賞があるとは思ってなかった。ラッキー」と笑顔をみせた。

「産経WEST」のランキング