産経WEST

【大阪国際女子マラソン】最強のママさんランナー俵千香さん健闘「特別な雰囲気味わえ収穫」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
最強のママさんランナー俵千香さん健闘「特別な雰囲気味わえ収穫」

【大阪国際女子マラソン】力走する俵千香さん(右)=31日、大阪市中央区(南雲都撮影) 【大阪国際女子マラソン】力走する俵千香さん(右)=31日、大阪市中央区(南雲都撮影)

 「最強のママさんランナー」の異名を持つ北九州市在住の俵千香さん(32)=TEAMR×L=は2時間39分44秒の自己記録に6分余り届かなかったが、23位に入った。「リオ五輪の選考会という特別な雰囲気を味わえたことは収穫」と笑顔を見せた。

 本格的にマラソンを始めたのは6年前。「走れば走るほど記録が伸びていったことが楽しかった」。練習は完全に自己流で、走る量を増やして重度の貧血になったこともあった。競輪選手の夫、裕一郎さんと3歳になる長男、榮一龍(えいた)君が心の支え。毎朝3時に起きて10~20キロを走った後、掃除や洗濯、朝食づくりをこなす。「待ってくれている家族に早く報告したい」と完走後、すぐに競技場を後にした。2月末には東京マラソンに出場する予定だという。

「産経WEST」のランキング