産経WEST

【関西プチ遺産】45メートルの上空から幾何学模様の縄…イザナミノミコトの墓

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西プチ遺産】
45メートルの上空から幾何学模様の縄…イザナミノミコトの墓

高さ45メートルから張られた太綱 高さ45メートルから張られた太綱

 巨大な白い岩山が太平洋に向かってドンと座っている。45メートル程の高さから太綱が張られ、見たこともない幾何学模様に編まれた縄が吊るされている。縄幡と言うらしい。岩山それ自体がご神体で、下には御幣(ごへい)が立てられ、イザナミノミコトの墓とある。神話によればイザナミノミコトは国土の神々を生んだ母神である。

 『日本書紀』神代紀が引く一書には、イザナミノミコトが死んだ時、紀伊国熊野の有馬村に葬った。土地の人々は、花をもって祭り、鼓吹幡旗(つづみふえはた)を用い、歌い舞って祭ったとある。当地は熊野市有馬町。この地が『日本書紀』が記すイザナミノミコトの墓所という。幾何学模様の縄幡は『日本書紀』の記す鼓吹幡旗の「幡旗(はた)」らしい。

 神様の墓があるとは妙なものだが、『日本書紀』を編纂した奈良時代の人々は、当地にイザナミノミコトの墓があるというこの地の伝承を重要なことと考え記述したのであろう。

 藁(わら)で綯(な)う太綱と縄幡は年に2回、2月2日と10月2日に地元の人々の手によって張り替えられる。縄幡の端は2月にはツバキ、10月にはケイトウで飾られる。

 神代の物語が眼前に展開している熊野の地は、摩訶(まか)不思議な世界である。(伊藤純・大阪歴史博物館)

「産経WEST」のランキング