産経WEST

【大阪国際女子マラソン】ネクスト ヒロイン加藤岬「胸を借りるつもりで」 初マラソンに闘志

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
ネクスト ヒロイン加藤岬「胸を借りるつもりで」 初マラソンに闘志

選手村に到着した加藤岬とカプチッチ・セリー=28日午後、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪 選手村に到着した加藤岬とカプチッチ・セリー=28日午後、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪

 高校卒業後に実業団に入り、5年計画を立ててマラソンへの準備を進めてきた加藤岬。初の42・195キロの舞台となる大阪に入り「やっときたなという心境。日の丸を背負った選手も多いので胸を借りたい」と意欲をみせた。

 シドニー五輪金メダルの高橋尚子のゴールシーンにあこがれ、小学校の卒業文集に「五輪でマラソンを走りたい」と書いた。今回は同僚でケニア出身のカプチッチ・セリー・チェピエゴも一緒に出場するので、チェピエゴに次いでゴールすることが最大の目標だ。

 給水ボトルにもチェピエゴが日本語で「私の近くにいてね」と書いてくれ、涙が出たという。次世の担い手として期待される24歳は「先頭集団についていくことだけ考えたい」と話し、積極的なレースを誓った。(丸山和郎)

「産経WEST」のランキング