産経WEST

営利目的で覚醒剤所持容疑 44歳男を逮捕 ネットカジノ店で密売か 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


営利目的で覚醒剤所持容疑 44歳男を逮捕 ネットカジノ店で密売か 大阪府警

 販売目的で覚醒剤を持っていたとして、大阪府警薬物対策課は28日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑で、大阪市天王寺区生玉町、無職、平田克己容疑者(44)を逮捕したと発表した。「自分で使うためだ」と営利目的を否認している。

 昨年8月ごろ、平田容疑者が同市中央区でインターネットカジノ店を経営し、覚醒剤や大麻の密売が行われているという情報があり、同課が捜査を開始。カジノ店は今月27日に家宅捜索した際は閉鎖されていたが、同課は平田容疑者が密売に関わり、暴力団などに金が渡っていた可能性があるとみて調べている。

 逮捕容疑は26日午後7時ごろ、自宅近くで覚醒剤約1グラム(末端価格約7万円)を営利目的で所持していたとしている。

「産経WEST」のランキング