産経WEST

無理やりニキビ潰しも… 後輩に拳銃向けた警部補を書類送検 大阪府警、タクシー料金踏み倒し巡査長とアイロン押しつけ巡査も処分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


無理やりニキビ潰しも… 後輩に拳銃向けた警部補を書類送検 大阪府警、タクシー料金踏み倒し巡査長とアイロン押しつけ巡査も処分

 大阪府警は27日、署内で後輩や同僚に実弾入りの拳銃の銃口を向けたとして、銃刀法違反(加重所持)容疑で、平野署刑事課の男性警部補(54)を書類送検し、同日付で停職3カ月の懲戒処分とした。警部補は同日、依願退職した。

 府警監察室によると、警部補は平成26年2月と5月、拳銃や手錠などの装備品を確認する通常点検の際に、30代の男性巡査部長と40代の男性警部補の腹や顔に拳銃を突きつけた。理由について「悪ふざけでやった。びっくりして怖がる顔が見たかった」と話したという。

 警部補はこのほか、同僚に「仕事がでけへんなら病院行けや」などと繰り返し暴言を吐いたり、にきびが顔にできた後輩に「つぶしたら治るがな」と言って無理やりつぶすなどの不適切な行為をしていたという。

 また府警は、タクシー料金を踏み倒し運転手に暴行したとして昨年10月、強盗致傷容疑で逮捕された吹田署地域課の男性巡査長(26)=釈放=を傷害容疑で書類送検し、戒告の懲戒処分としたと発表。警察学校で後輩にアイロンを押し当てるなどした20代の男性巡査を本部長訓戒の処分とし、巡査が依願退職したことも明らかにした。

 安井正英監察室長は「いずれも信用失墜行為で、おわび申し上げる。指導を徹底し再発防止に努める」とコメントした。

 府警では1月20日、高槻署地域課の男性巡査部長(30)=依願退職=が部下に拳銃を向けたとしたとして、銃刀法違反容疑で書類送検されたばかり。

「産経WEST」のランキング