産経WEST

【ニュースの断面】「USJ」クールジャパンで覆した真冬の閑散期

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ニュースの断面】
「USJ」クールジャパンで覆した真冬の閑散期

 厳しい寒さが続く中、大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」への客足は衰えていないようだ。今月15日から6月26日までの期間限定で始まったイベント「ユニバーサル・クールジャパン」。冬はテーマパークの閑散期にあたるが、日本を代表する人気キャラクターのコンテンツが、常識を覆している。

 1~3月は大型連休がなく、10月のハロウィーン、12月のクリスマスのような記念日イベントも乏しい。このため、遊園地などのレジャー施設の客入りは低調になりやすい。かつてはUSJも例外ではなく、2月の来場者数が、ハロウィーンでにぎわう10月と比べて、3分の1程度にまで減っていたほどだった。

 寒さをがまんしてでも、来たいと思えるUSJにするにはどうすればいいのか。その一つの答えが、すでに国内外に熱烈なファンを持つ強力なコンテンツ群を集めたイベントの開催だった。

 「ユニバーサル・クールジャパン」のタイトルでのイベントは昨年に続き、今回で2シーズン目。平成27年1~3月の来場者を前年同期の1・4倍に増やした実績を踏まえて、今年はさらに内容を拡大させた。

 前年に続く「エヴァンゲリオン」「進撃の巨人」「バイオハザード」「モンスターハンター」というアニメやゲームで大ヒットしているコンテンツに加えて、今年は歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんをテーマにしたアトラクションを設けた。

「産経WEST」のランキング