産経WEST

【大阪国際女子マラソン】選手村オープン、フレッシュなネクストヒロインも意欲

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪国際女子マラソン】
選手村オープン、フレッシュなネクストヒロインも意欲

ホテルから贈られたイチゴを前に笑顔で健闘を誓う(左から)永岡真衣、阪田愛子、床呂沙紀の3選手=27日、大阪市中央区(寺口純平撮影) ホテルから贈られたイチゴを前に笑顔で健闘を誓う(左から)永岡真衣、阪田愛子、床呂沙紀の3選手=27日、大阪市中央区(寺口純平撮影)

 31日号砲の「第35回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、日東電工協賛)の選手村が27日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪にオープン。大会独自の育成枠「ネクスト ヒロイン枠」で出場する永岡真衣(大阪学院大)、阪田愛子(立命大)、床呂(ところ)沙紀(関西外大)の3選手が訪れた。

 実業団入りが決まっている永岡選手は「マラソンを走るんだなという実感がわいてきた」と話し、阪田選手も「周りはいいライバルなので、切磋琢磨(せっさたくま)して走りたい」と笑顔。床呂選手は「目指しているのは東京五輪。チャレンジしていきたい」と意欲をみせた。

 大会には招待選手としてロンドン五輪代表の重友梨佐選手(天満屋)や福士加代子選手(ワコール)らが出場予定。同市東住吉区のヤンマースタジアム長居を発着点に、31日午後0時10分にスタートする。

「産経WEST」のランキング