産経WEST

【鹿間孝一のなにわ逍遙】太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鹿間孝一のなにわ逍遙】
太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京

日本万国博覧会の「太陽の塔」=昭和45(1970)年2月末、大阪府吹田市

 昭和45(1970)年はどんな年だったのか。

 日航機「よど号」ハイジャック事件が起きた。大阪では天六ガス爆発事故があった。月面着陸をめざしたアポロ13号が事故を起こし、奇跡的な帰還を果たした。ビートルズが解散した。三島由紀夫が割腹自殺した。

 が、なんといっても、大阪で日本万国博覧会が開かれたのが記憶に残る。

 北海道の高校を卒業し、受験に失敗して浪人生活を送っていたので、万博は見ていない。

 その後、大阪で暮らすようになり、万博記念公園に立つ「太陽の塔」を初めて見た。ちょうど岡本太郎さん(1911~96年)がテレビのCMで「芸術は爆発だ!」と叫んでいたころだった。

 太陽の塔の芸術性は理解できなかったが、真下から見上げて、意外に大きいな、と思った。

 「太陽の塔を世界遺産に」という声が上がっている。

 大阪府の有識者審議会が万博記念公園の活性化策として答申案をまとめ、2月の府議会に示す。

 いいではないか。

 大阪には世界遺産がない。百舌鳥・古市古墳群も世界遺産登録をめざしているが、太陽の塔の方がアピール度が高い気がする。

 だが、待てよ、とも思う。

 いくら岡本さんが世界的に評価されているとしても、作品単体の世界遺産登録は難しいだろう。となると、「人類の進歩と調和」をテーマとした大阪万博の理念を後世に伝えるシンボルとして、という理由付けが必要だ。

 しかし、それには岡本さん自身が異議を唱えるはずだ。

 岡本さんは大阪万博のテーマ館のチーフ・プロデューサーだった。

 サブ・プロデューサーのSF作家、小松左京さん(1931~2011年)によると、岡本さんは「べらぼうなものにする」と宣言した。

丹下の大屋根を“石原の巨根”で破る…曰く「進歩に反比例し、心が貧しくなる時代…」

このニュースの写真

  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京
  • 太陽の塔は世界遺産にふさわしいか 岡本太郎、石原慎太郎、小松左京

「産経WEST」のランキング