産経WEST

サバぬか漬けにした「へしこ」ブランド化へ組合発足 福井・美浜

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


サバぬか漬けにした「へしこ」ブランド化へ組合発足 福井・美浜

へしこ用のサバについて意見を交わす組合員=美浜町 へしこ用のサバについて意見を交わす組合員=美浜町

 福井県美浜町特産の「へしこ」のブランド化や品質向上を目指し、町内の生産業者や販売業者で作る「美浜へしこ組合」が発足した。25日に初の試みとして、材料のサバの試食などを行う「食選会」を開催。一括仕入れなどを視野に一体となって、へしこの品質向上や販路拡大に取り組む。

■「へしこちゃん」

 へしこは、魚をぬか漬けにした保存食で、サバを使ったへしこは同町の特産となっている。町では、平成17年に「へしこの町 美浜町」を商標登録。ゆるキャラ「へしこちゃん」を誕生させるなど、へしこのPRを進めてきた。

 町内には生産業者や販売業者の団体がなく、一体になって取り組みを進めるため昨年12月、美浜へしこ組合を立ち上げた。町内で製造や販売に携わる13の事業者が全て参加し、町が事務局として運営をサポートする。組合長には、千鳥苑社長の橋本富夫さんが就いた。

「産経WEST」のランキング