産経WEST

スマホ転売、母国に不正送金 容疑のベトナム人技能実習生を書類送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


スマホ転売、母国に不正送金 容疑のベトナム人技能実習生を書類送検

 無許可で販売する中古スマートフォンの購入資金を得るために、海外への不正送金を請け負っていたとして、大阪府警国際捜査課は20日、古物営業法違反や銀行法違反などの容疑で、大阪市西区に住むベトナム国籍の技能実習生の男(29)を書類送検した。「生活費を得るためや日本に来るための借金を返すためにやっていた」と容疑を認めている。

 送検容疑は、平成26年11月~27年11月、古物営業許可を得ずに中古品のスマホ2台を日本国内に住むベトナム籍の男性2人に販売したほか、計81万円を不正にベトナムへ送金したとしている。

 同課によると、男は大阪・日本橋などで中古のスマホを大量に買い付けて約2年前からインターネットのソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて国内外のベトナム人に約700台を転売、250万円あまりの利益を得ていたほか、国内のベトナム人約200人から計約1千万円の不正送金を請け負っていたという。

「産経WEST」のランキング