産経WEST

シャープ、追加支援を要請 主力行に1500億円 液晶債務削減

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、追加支援を要請 主力行に1500億円 液晶債務削減

 経営再建中のシャープは12日、主力取引銀行のみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行に1500億円程度の金融支援を要請した。関係者が明らかにした。官民ファンドの産業革新機構の主導で要請したが、主力行側は昨年6月に計2千億円の金融支援に応じたばかりで、慎重に検討する。

 産業革新機構はシャープの液晶事業を切り離し、機構傘下のジャパンディスプレイ(JDI)と統合させ、再建を支援する方針。このため昨年9月末で約7500億円にのぼるシャープの有利子負債のうち、液晶事業に関連する1500億円を株式に転換することで債務負担を減らす。

 革新機構は昨年末時点では出資額の上限を1千億円に想定していたが、今後上積みすることも検討する。シャープ本体に2千億円規模の出資をする案もある。

 台湾・鴻海精密工業も出資に意欲を示しており、条件次第では、シャープと主力行が革新機構案以外の出資案を受け入れる可能性も残されている。

 主力行側は「シャープ再建は銀行がどれだけ損をするかという話。支援は検討しなくてはならない」(幹部)などとしている。

「産経WEST」のランキング