産経WEST

うメ~ッ!「ヤギ乳チーズケーキ」を商品化 鳥取・米子

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


うメ~ッ!「ヤギ乳チーズケーキ」を商品化 鳥取・米子

ヤギ乳とそのチーズを使って商品化した「メイちゃん農場」のチーズケーキ

 ヤギ乳を使って6次産業化に取り組んでいる「メイちゃん農場」(鳥取県米子市)が、「ヤギ乳チーズケーキ」を県内で初めて商品化。経営する大下哲治さん(39)は、県庁で平井伸治知事に披露した。

 大下さんは教育関係の仕事を経て、平成22年からヤギを飼育。現在10頭を約30アールの農場で自然放牧している。日本海のそばの農場でミネラルが多い草を食べるヤギの乳は濃厚で甘く、くせも少ないという。

 チーズケーキは、1頭で1日に約1リットルしかしぼれないヤギ乳とそのチーズを使用。ヤギ乳は低アレルゲンといわれ、牛乳アレルギーの人も食べられるよう、牛乳由来の生クリームやバターの代わりに酒かすなどを使っている。

 試食した平井知事は「ヤギ乳と酒かすが良いコンビ。口当たりが良く、味に深みがある」と感想を話し、「うメ~ッ」とPRしていた。

 ヤギ乳チーズケーキはホールが2550円、スティックが390円。同農場や、「奥大山」「大山恵みの里」の道の駅、米子駅なかマルシェなどで販売している。

「産経WEST」のランキング