産経WEST

「水道のさびが取れる」と偽って浄水器を販売した疑いで社長ら書類送検 兵庫県警西宮署

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「水道のさびが取れる」と偽って浄水器を販売した疑いで社長ら書類送検 兵庫県警西宮署

 効果がない浄水器を嘘の説明をして販売したとして、西宮署は5日、特定商取引法違反(不実の告知)容疑で、京都市下京区の浄水器製造販売会社「アマテラス」と、社長の男(35)=同市西京区=ら5人を神戸地検尼崎支部に書類送検した。同署への取材で分かった。5人とも容疑を認めているという。

 書類送検容疑は平成26年3月~昨年7月、神戸市長田区や三重県鈴鹿市など4府県で、78~83歳の男女5人に「水道のさびが取れる」などと偽り、「マグネットクラスター」という商品を勧めたとしている。商品は約1万5千円で仕入れたのに、1個24万~30万円で販売したという。

 近畿を中心とした約470人に売りつけたとみられ、同署が調べている。

「産経WEST」のランキング