産経WEST

【衝撃事件の核心】逮捕2日前までキャバ通い ライオンに襲われた落語家、コロンボ税理士、大物政治家の元秘書…10億円遺産に群がった8人の面妖

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
逮捕2日前までキャバ通い ライオンに襲われた落語家、コロンボ税理士、大物政治家の元秘書…10億円遺産に群がった8人の面妖

突如男のもとに転がり込んだ10億円の遺産。ライオンに襲われたことで知られる落語家や「コロンボ」を自称する税理士、大物政治家の元秘書らさまざまな男たちが群がった―

 突如転がり込んだ10億円もの遺産が、人生を狂わせた。和歌山県の社会福祉法人に遺産を寄付したように装い、相続税約5億円を脱税したとして、相続人や仲介役ら8人が昨年末、大阪地検特捜部に逮捕された事件。大阪の歓楽街・北新地の高級クラブで夜な夜な豪遊していた相続人のもとに、「俺が節税を助ける」とさまざまな男たちが群がった。芸能関係者、税理士、議員…。各界の人士が入り乱れた〝遺産狂騒曲〟を追った。

一晩で数百万円

 「そりゃビックリしたよ。一昨日まで来ていたお客さんが、ニュースになってるんだもん」

 北新地のキャバクラに勤める20代女性は屈託のない表情で、常連客だった大阪府東大阪市の不動産管理業、高木孝治被告(73)=相続税法違反などの罪で起訴=のことを語ってくれた。「たくさんシャンパンを入れてもらうつもりだったのに」と少し悔しそうだ。

 高木被告が北新地に連夜繰り出すようになったのは平成25年11月以降のこと。資産家だった兄が死亡し、10億円超の遺産の相続人となってからだ。

 遊び方を教えたのは、高木被告とともに逮捕され、起訴猶予処分となった男性落語家(65)だった。昭和52年のテレビ番組でライオンのいる檻の中に放り込まれ、襲われてけがをしたというエピソードが有名だ。

 周囲によると、2人はもともと数十年来の友人で「互いに金のない時期を支え合う関係」だったという。落語家のプロフィルは逮捕後、所属先だった吉本興業の公式ホームページから削除された。

 2人は毎晩のように、多くの知人を引き連れて高級クラブをハシゴ。同席した人は「100万円や200万円、とんでもない金額が一夜で消えていった。途中からは落語家自身が『身が持たない』と嘆くほどだった」と明かす。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング