産経WEST

【ビジネスの裏側】就活混乱のあおり…来年は「リベンジ転職」が、氷河期のロスジェネの逆襲もあるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
就活混乱のあおり…来年は「リベンジ転職」が、氷河期のロスジェネの逆襲もあるか

経団連の選考活動解禁時期後ずれの影響で、中小の採用活動は長期化した=大阪市内

 面接など採用選考の解禁を4月から8月へと遅らせたことで混乱を招き、「学生、大学、企業の3方が損をした状態」(榊原定征経団連会長)となった今年の新卒採用。経団連は来年は6月解禁に前倒しするなど朝令暮改の感は拭えない。あおりを受けて希望の企業に就職できなかった学生も多く、求人情報企業の間では、そうした不本意な新入社員が少なからず来年再び本命企業に挑む“リベンジ転職”に回るとの観測が飛び始めた。一方、人材を確保できなかった企業は“バツイチ”の転職受け入れに動き始めている。(石川有紀)

 採用長期化

 「今年の新卒採用は学生にとっても、企業にとっても納得がいかない結果を招いたのでは」

 11月、大阪市内で開かれた学生対象の中小企業の合同企業説明会で、鉄鋼関連商社の人事担当者は、こう漏らした。

 平成28年春卒業の大学生・大学院生の就活は今年8月から10月までの2カ月間で大企業が一斉に内定を出した。このため中小企業は先に内定を出していた学生から辞退の申し出が相次ぎ、この人事担当者は「学生もよく考える時間すらなく、迷っただろう。お互いにしんどい思いをした」と打ち明けた。

 今年の新卒採用では、経団連指針で大手企業の選考解禁を4月から8月に変更した影響で、大手の内定が出る前に中小企業が先行して内定を出す逆転現象が起きていた。景気回復による採用目標数の増加もあって学生の争奪戦の様相を呈していた。マイナビが12月に発表した調査によると、新卒採用実績がある約2700社のうち、内々定辞退率が前年より高かった企業は前年比11・4ポイント増の46・2%に上った。

このニュースの写真

  • 就活混乱のあおり…来年は「リベンジ転職」が、氷河期のロスジェネの逆襲もあるか

「産経WEST」のランキング