産経WEST

【正木利和のスポカル】世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【正木利和のスポカル】
世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”

グランプリ(GP)ファイナルの男子フリーで演技する羽生結弦=12日、バルセロナ(AP) グランプリ(GP)ファイナルの男子フリーで演技する羽生結弦=12日、バルセロナ(AP)

 結局のところ、技術は反復して身に付けていくしかない、ということなのである。

   □    □

 男子フィギュアでグランプリ(GP)ファイナルを3連覇した羽生結弦(21)は、そうしたスポーツの「技術」を正しく身に付けているアスリートだと改めて認識させられた。

 塚原さんのいう「反復」が技術を確立させる道であるとすれば、羽生はそれを今季、体現してみせたのである。

 彼が今季最初に演じたスケートカナダでのフリーのあとの姿を覚えているだろうか。厳しいプログラムであるがゆえのことなのだろう、演技後の羽生の顔からは汗が噴き出し、精根尽き果てたような表情に見えたのである。

 ところが、世界最高点を塗り替えた1カ月後のNHK杯では、演技後の汗がグンと減り、さらに完璧(かんぺき)な演技をみせたGPファイナルでは、ほとんどわからないまでになっていた。

 つまり、彼は時間をかけて自分の技(4回転ジャンプ)をつくっていったのである。そうして技術を正しく身に付けることで、史上初の3連覇がかかる大会でも平然と演技できる域にまで到達した。

 彼は正しく「技術」を身に付けたものだけが、まとう「霊性」があることに気付いていたのだろう。だから、「陰陽師(おんみょうじ)」を舞う羽生の演技には、鬼気迫る切れ味とすごみがあった。

 かつて羽生は、こう語ったことがある。

 「ジャンプがステップやターンの一部に見られるくらいでなければいけない」

このニュースの写真

  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”
  • 世界新を連発“氷上の王子”羽生の「霊性」 天才イチローも解く“技術の裏打ち”

「産経WEST」のランキング