産経WEST

わがまま勝手な参拝で神社悲鳴…ご神木に抱きつき、川に投銭 マナー守って初詣を

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


わがまま勝手な参拝で神社悲鳴…ご神木に抱きつき、川に投銭 マナー守って初詣を

 「神域の木に抱きつくと御利益がある」「ひんやりした感触がパワーを感じる」。神話やパワースポットブームで、全国の神社のご神木などに抱きついたりする参拝者が増えている。インターネットなどで“勝手な”参拝方法が広まり、ヒールで根が踏まれるケースも。木の生育への影響が懸念され、神社も頭を悩ませる。もうすぐ新年。マナーと思いやりをもっての初詣を-。(佐々木詩)

まことしやかに流れる噂

 今年の三が日に約42万人が参拝した三重県伊勢市の伊勢神宮。平成25年に行われた20年に1度の式年遷宮を機に「パワーがアップした」と、ネットなどで特に話題となった。「○○前の巨木」などと、木を特定する話もまことしやかに広がり、樹皮が薄くなる杉も見られるようになった。

 神宮司庁広報課は「木に触ると落ち着くという方もいらっしゃるので禁止はしませんが、『御利益がある』というのは神宮にもともとあるお話ではないので」と困惑する。

このニュースの写真

  • わがまま勝手な参拝で神社悲鳴…ご神木に抱きつき、川に投銭 マナー守って初詣を

「産経WEST」のランキング