産経WEST

負債総額約7億3000万円 中学校給食で異物混入の弁当業者が民事再生法適用申請 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


負債総額約7億3000万円 中学校給食で異物混入の弁当業者が民事再生法適用申請 

 民間の信用調査機関の帝国データバンク神戸支店は29日、神戸市兵庫区の弁当製造販売業「徳島屋」が神戸地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。申請は28日付で、負債総額は約7億3千万円。

 徳島屋は、同市立中学校の給食指定業者として、市教委から調理や配送を請け負っていたが、給食に異物混入が相次いだことから今年10月、契約を解除された。

 同社は昭和26年創業で従業員は80人。神戸市や大手メーカーなどに弁当を販売するほか、平成26年10月には給食指定業者となった。12年7月期には年間売上高約14億5千万円を計上したが、その後はコンビニエンスストアなどの出店の影響で売り上げが低下し、26年7月期には約9億7千万円まで減少。最近では、中学校給食の売り上げが約3割を占めていた。

「産経WEST」のランキング