産経WEST

【関西の議論】まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に

保護された迷い猫のフク(捜索隊のメンバー撮影)

 さらに、この動きを知った「島根動物愛護ネットワーク」(本部・雲南市)代表の西原範正さん(41)も活動に加わった。デザイナーが本業の西原さんは無償で本格的なチラシを製作し、フェイスブックに捜索活動のサイトを開設。協力者は徐々に増え、地元で「フク捜索隊」も結成された。

 8月には地元紙がフク捜索のニュースを記事で取り上げたことで、捜索隊員は30人にふくれ上がった。

 三毛猫の目撃情報が寄せられるたび、会社員の守田則康さん(42)を中心に隊員らは確認に走った。夜中の捜索で不審者に間違われたり、行ってみると別の三毛猫だったり。空振りの日々が続き、何度も間違われた三毛猫はいつしか「ビヨーン」と名付けられ、隊員らの顔なじみになった。

 飼い主の女性は、チラシを作り直しては新聞に折り込んだり、地元のケーブルテレビ局に情報提供を呼びかける放送を依頼したり。あの手この手を講じて捜索に要した費用は、総額100万円にのぼったという。

こんなところに…

 事態が動いたのは、11月28日午後2時ごろ。フクの失踪現場から約7キロ南、出雲市高松町の神戸川土手の階段に、1匹の三毛猫がちょこんと座っているのを、近くで日本料理店を営む田中勲さん(60)が見かけた。

ニャーニャー鳴き、すり寄るネコ…「悪かったね。ごめんね! 頑張ったね!」

このニュースの写真

  • まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に
  • まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に
  • まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に
  • まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に
  • まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に
  • まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に
  • まさに神がかり! 出雲大社で行方不明の三毛猫、〝お告げ通り〟見つかる…「神在祭」の日に

「産経WEST」のランキング