産経WEST

【理研CDBが語る】〝物語〟を子孫に正しく伝達する生殖細胞 その驚異の仕組み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【理研CDBが語る】
〝物語〟を子孫に正しく伝達する生殖細胞 その驚異の仕組み

マウスの卵子。減数分裂により新しい染色体セットを得て、精子の受精を待つ。新しい物語はもうじき幕を開ける

 狭い机の上に、全23巻の絵巻物が2セット、計46本、ごちゃ混ぜに置かれている。それぞれ母と父から受け継いだものだ。さて、あなたはここから全23巻の絵巻物セットを再度つくり、それを子供に与えたいとする。あなたなら、どのような戦略をたてるだろうか。

 この難題は、生殖細胞に与えられた課題そのものである。生殖細胞は、絵巻物、すなわち遺伝情報が描かれた「染色体」を受精に備えて半数に減らし、卵子もしくは精子をつくる。減数分裂と呼ばれる過程だ。

 もちろん、やみくもに数を半分にすればよいというものではない。新しい絵巻物セットは、第1巻から第23巻までそろったものにしたい。ひとつでも欠けたり重複していたりしたら、物語は成り立たず、子供の健康に重大な影響を及ぼすのだ。

 だが、あなたは絵巻物をひとつ手に取ると安心するだろう。なぜなら、ふたつある第1巻同士はひもで束ねられていることに気付くからだ。

 同様に、第2巻同士も束になっていて、合計で23束ある。これなら、目をつむりながらでも間違えずに新しい絵巻物セットをつくることができる。ひとつの束を手に取り、ひもをはさみで切り、分かれたふたつの絵巻物のうちひとつを子供に与える。これをすべての束について繰り返せばよい。

このニュースの写真

  • 〝物語〟を子孫に正しく伝達する生殖細胞 その驚異の仕組み

「産経WEST」のランキング