産経WEST

【吉村大阪市政始動】議会とは対話促進、カジノリゾート積極誘致へ 会見詳報 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【吉村大阪市政始動】
議会とは対話促進、カジノリゾート積極誘致へ 会見詳報 

記者会見に臨む吉村洋文市長=大阪市役所(安元雄太撮影) 記者会見に臨む吉村洋文市長=大阪市役所(安元雄太撮影)

 21日に初登庁した大阪市の吉村洋文市長の就任記者会見の詳細は次の通り。

 【冒頭】

 本日初登庁し、市長に就任した。身の引き締まる気持ちでいっぱいだ。市長職を全うし、よりよい大阪を実現していきたい。これまでの大阪維新の会の政治、橋下改革の継承は前提だが、市議会で進んでこなかった改革は議会と話をしながら進めていきたい。

 最初にできる改革は、市長である私自身に一番厳しい改革をすること。退職金を廃止し、市長報酬を40%削減することをまず最初の改革としてやっていく。政治家自身、組織のトップ自身が一番自分に厳しい改革をすることで、役所に対しても市民の大切な税金を無駄遣いさせないという意味を伝えられる。市職員の給与カットも継続して実施していくことをスタンスとして打ち出したい。

 【質疑】

 --橋下徹前市長と比較されることも多いと思うが

 覚悟の上で、この場に立っている。比較されながらも自分らしいやり方で市政を進めていきたい。

 --今後の市政運営の目玉は何か

 市長選では中学校給食をおいしくすると訴えてきた。(平成31年までの)市長任期4年間で、(現在の弁当方式から)自校調理方式などに切り替えていきたい。自分の任期中で取り組みたいと思っている。

「産経WEST」のランキング