産経WEST

【エンタメよもやま話】スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会

 まず今回のエピ7ですが、ごく簡単に物語を紹介すると、舞台は旧3部作のラスト「エピソード6/ジェダイの帰還」(1983年、リチャード・マーカンド監督)から約30年後です。エピ6で帝国軍の2代目デス・スター(巨大宇宙要塞)を破壊し、父であるダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)と帝国軍の皇帝パルパティーン(ダース・シディアス)を倒したルーク・スカイウォーカーら反乱軍。

 そのおかげで共和国が復活し、しばし平和な日々が続いていたようなのですが、とある事件を機に最後のジェダイの騎士であるルークが行方不明に。帝国軍は「ファースト・オーダー」、反乱軍は「レジスタンス」と名乗り、激しい戦いを展開しますが、ファースト・オーダーはジェダイ撲滅のため、レジスタンスはファースト・オーダーを叩きつぶすため、ともにルークの居所を探します。

 そんななか、ルークの居所を示す「スカイウォーカーの地図」を入手した共和国一のパイロット、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)は砂の惑星ジャクーでファースト・オーダーの襲撃を受けたため、ドロイドのBB-8に地図を託します。

 コロコロ転がりながら遠くまで逃げたBB-8を見つけるのが廃品回収業者の女性レイ(デイジー・リドリー)です。そして同じ頃、ダメロンは、強力なダークサイドのフォースの使い手で知られるファースト・オーダーの戦士カイロ・レン(アダム・ドライバー)に捕まり、宇宙戦艦ファイナライザー(旧3部作に出てきた、あのスター・デストロイヤーの一種)の中で激しい拷問を受けます。

 ところが、ファースト・オーダーを裏切ったストーム・トルーパー、フィン(ジョン・ボイエガ)と一緒にタイ・ファイター(帝国軍が使っていたあの丸っちい戦闘機ですよ)で脱出。再びジャクーへ戻りますが、撃墜され離ればなれに。

 フィンはポーを探すうち、BB-8を連れたレイと遭遇。ポーからBB-8が地図を持っていることを聞かされていたフィンはレイに説得を試みますが、ファースト・オーダーの一団がやってきて2人とBB-8は逃げ回る羽目になります…。

実写の味わい、ヨーダも5人以上の人形使いが…だがしかし。演出は…

このニュースの写真

  • スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会
  • スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会
  • スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会
  • スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会
  • スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会
  • スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会
  • スター・ウォーズ“違和感の覚醒” 「エピ7」は創造力ゼロ…切り貼り編集の“老人”同窓会

「産経WEST」のランキング