産経WEST

盲導犬協会への遺贈横領730万円 司法書士、近く在宅起訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


盲導犬協会への遺贈横領730万円 司法書士、近く在宅起訴

 平成17年に死亡した女性の遺言執行者として財産管理をしていた京都司法書士会所属の司法書士が、女性の銀行口座から現金を引き出すなどして現金約730万円を着服していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。遺贈を受ける予定だった関西盲導犬協会(京都府亀岡市)の刑事告発を受けて京都地検が業務上横領罪で捜査しており、近く在宅起訴する方針。

 捜査関係者によると、着服していたのは、京都司法書士会所属の男性司法書士(62)=京都市伏見区。女性は遺産を「関西盲導犬協会に遺贈する」としていたが、司法書士は21年2月から22年4月にかけ、女性の銀行口座から3回にわたって引き出したほか、女性の不動産を売却して得た現金も横領したという。

 司法書士は「自分で使うためだった」と事実関係について認めているという。

 司法書士は16年3月に女性から遺言公正証書による遺言執行者の指定を受けた。女性は17年12月に死亡し、その後は司法書士が財産の管理業務を行っていたという。

「産経WEST」のランキング