産経WEST

【橋下氏引退】まるでアイドル!?市民ら500人、大歓声…市長退任セレモニー、涙流す人も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【橋下氏引退】
まるでアイドル!?市民ら500人、大歓声…市長退任セレモニー、涙流す人も

大阪市長の退庁セレモニーで花束を受け取る橋下徹氏=18日午後、大阪市役所(村本聡撮影)

 大阪市長の任期満了を迎えた橋下徹氏の退任セレモニーが18日、市役所で行われた。大勢の市民らが詰めかけ、「ありがとーう」「橋下さーん」とアイドルに送るような大歓声を送った。

 セレモニーは午後4時から、市役所正面玄関で行われ、市職員や他会派も含めた市議らに加え、約500人の一般市民が駆けつけ、計約千人が集まった。「大阪を愛してくれてありがとう」と書かれた横断幕が掲げられ、橋下氏の顔をプリントしたTシャツを着込んだ女性ファンらが橋下氏の登場を待った。

 30台を超えるテレビカメラが向けられる中、橋下氏が市役所庁舎から姿を現すと、無数のフラッシュがたかれ、大きな拍手がわき起こった。橋下氏は秘書課の女性職員から花束を手渡された後、公用車に乗り込むまでの間、手を振りながら集まった市民らと握手。「ありがとう」と声を掛けられ、感激して涙を流す市民もいた。

 午前9時から場所取りをしたという大阪市港区の谷野米子さん(63)は「政治に興味を持たせてくれた橋下さんに感謝の気持ちを伝えたくて。政治家引退は寂しいけど、絶対に国政に帰ってきてくれると信じている」と涙をぬぐった。別の60代の女性は「生きててよかった」と感極まった様子だった。

 市役所前の御堂筋の沿道にも約30メートルにわたって見送りの列ができ、橋下氏は公用車の窓から最後まで手を振り続けた。

「産経WEST」のランキング