産経WEST

滋賀・大津駅リニューアルへ 市とJR西日本が概要発表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀・大津駅リニューアルへ 市とJR西日本が概要発表

リニューアルで誕生予定の大津駅の屋外テラスのイメージ図(バルニバービ提供)

 JR西日本と大津市は17日、JR大津駅ビルのリニューアル概要を発表した。リニューアルの目玉となるテナントでは、地元素材を使ったレストランやラウンジ、カプセルホテルなどの複合型店舗が出店。「通り過ぎる駅から立ち寄る駅に」をコンセプトに、来年10月のオープンを目指す。

京都・大阪のベッドタウン滋賀県…オシャレな“目立ち過ぎる”玄関駅に

 この日、発表されたのは2階建て駅ビル延べ2100平方メートルのうち、1、2階合わせた約1200平方メートル。2階には、地産地消のメニューなどを提供するレストランを開設。オープンテラスでは、ビアガーデンやバーベキューなど季節ごとにイベントを行い、集客を目指す。

 また、公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」完備のロビーラウンジを設けるほか、シャワーを備えたカプセルホテルも開設。外国人観光客をターゲットに、大津への観光客誘致を図る。飲食事業を手がける「バルニバービ」(大阪市)が複合店舗を運営することで、JR西と合意した。

 この日大津市役所で開かれた会見で、バルニバービの佐藤裕久社長は「大津の街の魅力を再認識してもらえるきっかけの施設になれば」と述べた。また、JR西の岩崎悟志京都支社長は「大津駅が、多くの観光客に立ち寄ってもらえる集いの場となることを目指していきたい」と話した。

「産経WEST」のランキング