産経WEST

任天堂、「アミーボ」をゲームの柱に 本紙インタビューに君島社長が表明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


任天堂、「アミーボ」をゲームの柱に 本紙インタビューに君島社長が表明

君島達己社長=17日午後、京都市南区

 任天堂の君島達己社長は17日、産経新聞のインタビューに応じ、ゲームと連動して遊べるキャラクター人形やカードの「アミーボ」を、ゲームソフト開発の柱の一つにする方針を明らかにした。アミーボの売り上げが好調なことから、低迷する据え置き型ゲーム機「WiiU(ウィー・ユー)」、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の浮揚につなげる狙いがある。

 昨年12月発売のアミーボは人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」などのキャラクターを、フィギュアやぬいぐるみ、カードなどとして販売。WiiUや3DSのゲーム機とデータ通信ができ、キャラクターがゲームの中に登場して対戦したり、育てたりできる。

 アミーボの販売は順調に伸び、フィギュア型の9月末の全世界累計出荷数は、3月末から倍増の約2110万体に達した。一方、課題は収益の大部分を担うWiiUと3DSの販売拡大。君島社長は「アミーボのポテンシャル(潜在力)はまだある。ゲームと一体で遊んでもらえる機能の拡充を一つの大きな柱にしたい」と語った。

「産経WEST」のランキング