産経WEST

橋下市長最後の議会 共産除く全会派から拍手

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


橋下市長最後の議会 共産除く全会派から拍手

最後の市議会を終え笑顔で議場を去る橋下徹大阪市長=大阪市役所

 18日の任期満了で退任する橋下徹大阪市長が17日、最後の市議会本会議に出席し、市議86人に別れのあいさつをした。「4年間ありがとうございました」と締めくくると、共産党を除く全会派と傍聴席に集まった市民らが拍手を送った。

 橋下氏は政治生命をかけた大阪都構想をめぐり、後継に指名した吉村洋文氏が11月の市長選で勝利したことを踏まえ、「有権者の意思を素直にくみ取れば新しい案を見せてほしいと解釈するのが自然」と主張。吉村新市長の下では「一方的な攻撃や全否定は止めて、修正と妥協で一致点を見いだし、少しでも大阪が前に進むように議論していただきたい」と市議に求めた。

 傍聴席には市民ら約100人が詰めかけ、橋下氏に「お疲れさまでした」「ありがとう」と声をかけた。政界引退を表明している橋下氏は満面の笑みで手を振り、丁寧に頭を下げた。

「産経WEST」のランキング