産経WEST

大津市長選、共産・川内卓氏が立候補へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大津市長選、共産・川内卓氏が立候補へ

来年1月の大津市長選への立候補を表明した川内卓氏

 来月10日告示、17日投開票の大津市長選で、共産党滋賀県委員会の川内卓(かわうち・たかし)副委員長(60)が15日、同市内で記者会見を開き、同党の推薦を受け、無所属で立候補することを表明した。市長選には、現職の越直美氏(40)、元県議の蔦田(つただ)恵子氏(54)、番組プロデューサーの川本勇氏(56)が出馬表明している。川内氏は「国の悪政と対決し、命と暮らしを守る市政を進められるのは私だけ」と話した。滋賀県旧米原町(現・米原市)出身。県立米原高、岩手大卒業。

「産経WEST」のランキング