産経WEST

大阪ガス、電力販売で関西の都市ガス6社と提携へ 本荘社長「広域で販売できるようにしたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪ガス、電力販売で関西の都市ガス6社と提携へ 本荘社長「広域で販売できるようにしたい」

インタビューに答える、大阪ガスの本荘武宏社長=大阪市中央区・大阪ガス本社(竹川禎一郎撮影)

 大阪ガスの本荘武宏社長は14日までに産経新聞のインタビューに応じ、来年春の電力小売り全面自由化に向け、卸先である関西の都市ガス事業者6社と電力販売での提携を検討していることを明らかにした。本荘社長は「取り次ぎや代理店の形で(大阪ガスが調達した電気を)広域で販売できるようにしたい」と、販路開拓に意欲を見せた。

 大阪ガスが提携を検討しているのは、伊丹産業(兵庫県伊丹市)、大和ガス(奈良県大和高田市)、河内長野ガス(大阪府河内長野市)など6社で、計約20万世帯にガスを供給する。

 また本荘社長は、電力販売参入をめぐり、初年度の供給目標約20万世帯の4分の1以上の約5・5万世帯が、同社と関西電力の家庭向け電気料金を比較できるシミュレーションに申し込み予約していることを明らかにした。目標達成に向け順調な滑り出しで、「予約世帯を中心に電気販売を進めていく」と述べた。

 料金比較シミュレーションは来年1月開始予定で、予約世帯の多くは床暖房や浴室暖房を利用する同社の積極的な顧客だという。同社は初年度の供給目標をガス供給世帯の2~3%に当たる約20万世帯に設定。電気購入の予約受け付けは1月に始める。

「産経WEST」のランキング