産経WEST

USJ奇跡の登場、歌姫エンヤも感激「日本文化は驚きの連続です」 一夜限りライブ、4500人を魅了

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


USJ奇跡の登場、歌姫エンヤも感激「日本文化は驚きの連続です」 一夜限りライブ、4500人を魅了

USJでサプライズのライブを行ったエンヤ=13日夜、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

 大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で13日、アイルランド出身の大物女性歌手エンヤ(Enya)(54)が夜のクリスマス・ライブショーに続き“サプライズゲスト”として登場。クリスマスシーズンを盛り上げる荘厳な歌声を披露し、約4500人の聴衆を魅了した。

■7年ぶりアルバム、緊急来日で初の大阪に…「京都で初めて着付け体験。日本の歴史に…好奇心」

 7年ぶり8作目のアルバム「ダーク・スカイ・アイランド」(11月20日発売)を引っ提げ、7年ぶりに緊急来日した彼女が「USJにある世界一の光のツリーを見てみたい」と希望したことから実現した企画。

 最新のプロジェクション・マッピングとミュージカル風のライブ・パフォーマンスを組み合わせ、リピーターが続出している恒例の夜のクリスマス・ライブショー「天使のくれた奇跡III~The Voice of an Angel~」(来年1月6日まで、http://www.usj.co.jp/christmas2015/voa/)に続き、突如、エンヤが特別にライブをここで披露すると発表されると、聴衆からどよめきと悲鳴が上がった。

 続いて、真っ赤なドレス姿で登場した彼女が代表曲「オリノコ・フロウ」(1988年)と最新作「ダーク-」収録の「エコーズ・イン・レイン」を熱唱。CDなどでおなじみの、自身の歌声を多重録音によって幾重にも重ねた幻想的で荘厳な歌声をライブでも再現し、クリスマス・ムードを盛り上げた。

 この後、彼女は産経新聞社の取材に応じ、この日のライブの感想や最新アルバムなどについて語った。

 まず、この日のライブについては「こんなに素晴らしい場所で、多くのみなさんに歌声を披露できて光栄です。本当に素晴らしい体験になりました」と感激した様子。

 そして、今回の最新アルバムについて「タイトル通り、ジャーニー(旅)がコンセプト」で、世界一美しい星空を眺めることができる島で知られ「ボートでしか行くことが出来ない英領チャンネル諸島のサーク島から着想を得て製作した」と説明。「旅とは言っても『オリノコ・フロウ』は故郷から世界の国々に出て行って旅をする物語ですが、本作は基本、故郷に戻る旅を表現しています。楽曲によっては愛についてや、喪失を埋め合わせる旅などについても歌っています」と明かした。

あの『オリノコ・フロウ』「…故郷に戻る旅、そして日本の歴史に…」

このニュースの写真

  • USJ奇跡の登場、歌姫エンヤも感激「日本文化は驚きの連続です」 一夜限りライブ、4500人を魅了

「産経WEST」のランキング