産経WEST

【回顧・現代を問う(1)】もはや「朝日」は廃刊しかない 自らの誤報を棚上げ、教科書の「慰安婦」記述削除を批判する“居直り” (岡山学芸館高・清秀中学園長 森靖喜)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【回顧・現代を問う(1)】
もはや「朝日」は廃刊しかない 自らの誤報を棚上げ、教科書の「慰安婦」記述削除を批判する“居直り” (岡山学芸館高・清秀中学園長 森靖喜)

特集「慰安婦問題を考える」を平成26年8月の朝刊に掲載した朝日新聞。慰安婦に関する記事で誤報を認め、記事を取り消したはずだが…

    

 森靖喜(もり・やすき) 昭和16年、岡山市生まれ。明治大学大学院卒業後、43年から金山学園(現・岡山学芸館高校)の教諭、岡山市教育委員長などを歴任。現在は岡山県私学協会長、学校法人・森教育学園理事長、岡山学芸館高校・清秀中学校学園長、教育再生をすすめる全国連絡協議会世話人。専門は政治学。

このニュースの写真

  • もはや「朝日」は廃刊しかない 自らの誤報を棚上げ、教科書の「慰安婦」記述削除を批判する“居直り” (岡山学芸館高・清秀中学園長 森靖喜)

「産経WEST」のランキング